一人暮らしの引越しで単身パックは安い?

単身パックとは、一人暮らしや単身赴任など、荷物が少ない方に向けて作られた引っ越し業者のプランのひとつです。

 

tan (6)

荷物が少ない事を前提として作られたプランなので、定められた容量をこえてしまうと追加料金で逆に費用の総額が高くついてしまう可能性もあります。

単身パックで費用を安く抑えようと思うのなら、単身パックの容量をきちんと把握して荷物をまとめること、荷作りと平行して不要なものを処分するなどして荷物を減らすなどの工夫をすると良いでしょう。
トラックに家具やダンボールを積み込む通常の引っ越しと比較すると、専用のBOXを使って入る範囲で行われるため、単身パックは費用を安く抑えられるのです。

tan (55)

「日通」という略称でおなじみの日本通運の単身引っ越しパックは、SコースとLコースの2通りがあります。日通の単身パックは、Sコースでも2ドア冷蔵庫・薄型20インチテレビとテレビ台・電子レンジ・掃除機・3段カラーボックス・姿見・布団1組・ダンボール4箱という、これから初めて一人暮らしをする人であれば十分の荷物を積み込めます。

このSサイズの荷物の量に、4kg洗濯機・衣装ケース・ダンボール1箱をさらに追加しても、単身パックのLコースなら十分に積み込めます。

単身パックは各引越し業者からいろいろなサービス名称で提供されていますので、あなたの荷物量と状況によって、どこが安いのかはその都度ことなります。見積もりを比較してみましょう。

単身パックだから必ず安いわけではないのです!

上で書いた通りですが、段ボールを数箱しか詰め込む余裕がないのです。

 

tan (39)

一度でも引越し荷造りをしたことがある人なら感覚的に分かると思いますが、書籍を荷造りしただけでも段ボールは5箱程度にはなってしまいます。これに洋服や細々したものがあるわけですから、かなり荷物量は制限されます。一人暮らしをすでにしている人であれば、家具や家電などそれなりの家財道具が揃っていますよね。そうなると単身パックの利用はキツイはずです。専用のBOXが増えてしまえば料金はBOX数分かかることになります(つまり2倍、3倍となります)。そうなると通常の見積もりをしてもらう引越しよりも遥かに高い金額となってしまうことがありますので注意してくださいね。

 

 

 

結局のところ、引越しは見積もりしてもらわないと費用が分かりません。
これは単身世帯でも家族世帯でも共通です。

tan (97)

東京-札幌で見積もりをしてもらったら、安いところは10万円未満、高いところは30数万円っていうことを体験しましたから。

これ、嘘のようで本当の話です。

ほとんど「ボッタクリ」みたいなものなので、その疑問から引越しサイト作ったってのがキッカケなのですね。世のため人のため!って言うつもりはさらさらありません、でも見積もり一括サービスが登場したお陰で暴利を貪ってきた引越し業界も襟を正すようになってきたのは確かなんです。

tan (9)

九州への引越しのような長距離だと、荷物を引越し業者に1日か2日、預かってもらってということが出来るので、むしろ長距離の方が一人でできるかな?
(単身引越しパックなどの混載便になれば、荷物を預かってもらってもかえって安くなるという利点もあります)とは思うのです。

でも市内とかだと、荷物の搬出、搬入をその日のうちに終わらせることになるので近距離の方が大変かな?と。一番大変そうなのは札幌~旭川みたいな中途半端な距離かな~なんて思っているのですが、、、どうなんでしょうね。